2012年10月19日

関係詞の先行詞につく冠詞について


file0001568639492.jpg


その男性は若者たちに大人気のサッカー選手です。

という日本語を関係代名詞を用いて英訳する場合、

例えば、先行詞とする soccer player(サッカー選手)に不定冠詞の a をつけて

(1)The man is a soccer player who is very popular among young people.

としますと、

「他にも若者たちに大人気のサッカー選手がいるかもしれないが、その男性はその1人」

という意味になります。

定冠詞の the をつけて

(2)The man is the soccer player who is very popular among young people.

としますと、

「若者たちに大人気のサッカー選手が1人いて、その男性がその人」

という意味になります。

a をつけるか the をつけるかで意味はだいぶ変わるわけです。

もっとも、ふつう、若者たちに大人気のサッカー選手という存在は複数認められると思われますので、(1)の方がふさわしいということになるかと思います。


では、

彼らがキャプテンに選んだ人を知っていますか。

を英訳する場合は(3)と(4)のどちらが適しているでしょうか。

(3)Do you know a man they chose for the captain?

(4)Do you know the man they chose for the captain?

ふつう、キャプテンに選ばれる人は1人でしょうから、(4)が適切ということになりましょう。


(追記1)

田中実『英語構文ニュアンス事典』(北星堂、1988年、p.304)にも言及があります。

(追記2)

柏野健次 編著『英語語法レファレンス』(三省堂、2010年、pp.307-9)、柏野健次『英語語法詳解 英語語法学の確立へ向けて』(三省堂、2012年、pp.277-82)にも関係代名詞の先行詞の冠詞選択という項のもとに詳説があり有益です。

(追記3)

斎藤武生・鈴木英一・原口庄輔 編『英文法への誘い』(開拓社、1995年、p.233)では、This is the book which I bought yesterday. は I bought a book yesterday, and this is it. の意であり、説明的に和訳するなら「きみも知っているようにぼくはきのう本を買ったけど、その本はどれかというとこれだ」のようになり、もっと簡潔に言えば「これぼくがきのう買った本だ」となるのに対し、This is a book which I bought yesterday. は This is a book, and I bought it yesterday. の意であり、説明的に和訳するなら「この本はどういう本かというと、ぼくがきのう買った本だ」のようになり、もっと簡潔に言えば「これぼくがきのう買った本だ」となる、と述べられています。

(追記4)

関係詞と冠詞について、『京大入試に学ぶ和文英訳の技術』(プレイス、2016年、p.215)は

「関係詞が後続すると先行詞の冠詞は the になる」と思い込んでいる学習者がかなりいるようだが、そもそもこのような法則はない

と喝破し、

基本的には「いくつかあるうちの一つ」なら a、「唯一」なら the にするのである

と説いた上で

実はこれは関係詞があるときに限ったことではなく、修飾語がない場合にも原則的に言えることだ

と言い添えています。

ちなみに、

(a)This is a place which Basho Matsuo stipped at while he was traveling.

(b)This is a place where Shakespeare was born.

この2つの英文の例示は秀逸だと感じました。


posted by 石崎 陽一 at 22:31 | Comment(2) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本題から逸れますが、(3)(4)の choose のあとの前置詞は、 for なのでしょうか。 as では?
Posted by 通りすがり at 2015年04月18日 21:19
通りすがり様。コメントありがとうございます。例えば、『オーレックス英和辞典 第2版』(旺文社、2013年、p.320)に、for でもよいと記されています。認識の for と呼ばれる用法ですね。

I took him for an American.
Don't take me for granted.
They gave him up for dead.
I know it for a fact.
That's for sure!

など類例を挙げておきます。ご参考まで。
Posted by 石崎 陽一 at 2015年04月18日 21:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る