2012年09月25日

reading comprehension のヒント


写真1.JPG


リーディングが文字列から意味を読み取る営みだとすると単語のもつ意味情報にのみ目が向けられるのも無理はありませんが…。

石黒圭『文章は接続詞で決まる』(光文社新書、2008年、p.32)より備忘のため書き留めておきます。


じつは、人間が言語を理解するときには、文字から得られる情報だけを機械的に処理しているのではありません。文字から得られる情報を手がかりに、文脈というものを駆使してさまざまな推論をおこないながら理解しています。わかりやすくいうと、文字情報のなかに理解の答えはありません。文字情報は理解のヒントにすぎず、答えはつねに人間が考えて、頭のなかで出すものだということです。

posted by 石崎 陽一 at 08:42 | Comment(0) | 読解の学習・指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る