2012年08月08日

複合形容詞について(その2)


カプリ島青の洞窟.JPG


複合形容詞の中には、two four-door cars のように物の名前が含まれる語も非常に多いです。

ハイフンの直後にくる名詞は原則として単数形になるのが特徴ですが、村上陽介『英語正読マニュアル』(研究社、2000年、p.173)はその理由を

a 40-watt bulb などのように、名詞のところに数量の単位を表す単語がくることがあることから、これらの形容詞における名詞は広い意味での単位を表しているからだと考えればわかりやすい。

と明快に述べています。

なお、『上掲書』(pp.173-4)には如上の複合形容詞がアルファベット順に列挙されていて壮観です。

生徒の語感を養うのにうってつけだと思います。


(追記1)

関連記事はこちら

(追記2)

市川繁治郎『数と量』(研究社、1967年、p.96)にも用例が記載されています。


posted by 石崎 陽一 at 07:02 | Comment(0) | 文法・語法ノート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る