2012年07月28日

sew, shew における<ew>の読み方について


PA033914.JPG


古い文書を読んでいると、shew という単語に出会います。これがずっと引っかかっていました。

次は1762年に出版された Robert Lowth, A Short Introduction to English Grammar の facsimile です。画像をクリックすると拡大します。

写真1.JPG

下から3行目、左から数えて2つ目の単語は現代英語の綴字では showing となる語です。

このことについて、『特製版 英文法シリーズ 第一集』(研究社、1959年、p.175)より備忘のため書き留めておきます。


Sew[sou](縫う)、shew[ʃou](=show)における ew という綴字は、かって行われた発音[sjuː][ʃjuː]に対應するものである。(中略)


なお、OED によれば、shew は18世紀に広く行われ、19世紀前半にも稀ではありませんでした。

今日では法律文書を除いては廃語とされているのですが、

欽定英訳聖書(A.V.)は shew であり、現在でも、おそらく shew の方が正統であるという感じからであろう、語学者にはこの形を用いる人が少なくない。


と『上掲書』(Ibid.)にあります。


(追記1)

上の画像中 f の横棒がないような形の文字は s です。19世紀頃まで語尾(語末)以外において小文字の s の代わりに用いられていました。“long s”と呼びます。

(ちなみに、この “long s” の斜体を縦に引き伸ばしたものが積分記号(integral sign)です。s がラテン語の summa(総和)の頭文字だからなのですね。)

また、名詞に大文字を使ったところが沢山あります。このことについて、福原麟太郎『英語の感覚』(研究社、1967年、p.44)では

昔の人のくせでドイツ語で、名詞は大文字で書き始めるのと似ている。名詞というのは、何か concrete なものでそれを目立たせたいのであろう。

と述べられています。

(追記2)

河合茂『英文法概論 復刻版』(明倫出版、1988年)の附録(p.26)に記述があります。

(追記3)

堀田隆一先生のブログに記事があります。

shew と show (1)

shew と show (2)


posted by 石崎 陽一 at 08:27 | Comment(0) | アルファベットの歴史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る