2012年01月17日

2012年センター試験・英語(筆記)に関する雑感


P1034551.JPG


14日に行われたセンター試験・英語の筆記試験にトライしました。

結果はと言うと…チャレンジにはトータルで約55分かけ、満点を確保しました。(まぁプロなので当たり前ですが^^;)

昨年は第6問の問2で“NOT mentioned”のNOTを見落としたことによる失点をして悔しい思いをしましたので、見直しをしっかりしたのが功を奏しました。

感想としては、全体を通じて形式がシンプルで取り組み易かったという印象です。罠にかけられる要素は2011年の問題に比べてさらに減ったように感じました。

昨年よりやや答え易くなったのではないかな?

解答根拠が明確な、素直な問題が多く、大問ごとに十分な解答時間を確保できた受験生は高得点を取れたでしょう。

各問に対するコメントは、もう少し整理してからアップしたいと思います。

それでは、また。


(追記)

新聞朝刊に掲載されたものだと文字が小さくて目に悪いですよね。

私はネットからPDFファイルをダウンロードしプリントアウトしたものをコピー機でマガジンソートし冊子にして取り組んでます。


posted by 石崎 陽一 at 08:47 | Comment(0) | センター試験・英語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る