2011年09月25日

英文法・語法1日1題【上級編・動詞052】


誤りを含む下線部を1つ選び、削除か訂正をしなさい。
052. Go and ask for him for some more paper. I don't have any in my desk.



【解答】はこちらを右方向にドラッグ → (×)for → (○)削除



【解説】

ask for という群動詞を使う場合を整理しましょう。

Since I said I wouldn't need anybody's help, it'd be too embarrassing to ask for help now.
(だれの助けも借りないと言った手前、きまりが悪くて助けてくれとは言えない)

I intend to ask for an explanation from my next-door neighbor.
(お隣さんに説明を求めるつもりだ)

Could we ask for your cooperation on this plan?
(この計画について、ご協力をお願いしたいのですが)

I would like to ask for your attendance.
(ご出席ください)

Did anyone ask for me while I was out?
(外出中に私に会いに来た人はいませんでしたか)


このように、ask for という群動詞はもともと「求める」の意で、

ask for [何々]
ask for [誰々]


という型で

「何々を求める、頼む」
「誰々に面会を求める、誰々を訪ねる」

などと使います。

本問では ask for him となってますので、文意がおかしいのですね。

よって、for を削除して ask him とします。


なお、ask には「誰々に何々を求める」の意で

ask [誰々] for [何々]

という型があります。

この場合、for [何々] の部分は「何々を求めて」の意ですから
「何々を求めて誰々に頼む」が直訳です。

Usually boys ask girls for a date.
(たいていは男の子の方が女の子にデートを申し込む)

No matter how much trouble I'm in, I never ask other people for help.
(どんなに困っても、人の助けは絶対借りないぞ)



以下、その他の下線部についてコメントをします。


and には不定詞の to に相当する使い方があります。

Go and get me the paper.
(新聞を取ってきて)

Come and see me.
(遊びにいらっしゃい)

Try and finish the report by tomorrow.
(レポートをがんばって明日までにやりなさい)


この and は上記の動詞のほか、

run, hurry up;stay, stop など

を使った命令文で、これらの動詞の後に用います。

よって、本問の Go and ask という箇所はこれで構いません。


「さらにもう〜」というとき、more の使い方に注意が必要です。

「さらにもう少しの〜」と量を表現する際は

I need some more time to make a decision.
(決めるまでもう少し時間をください)

Can I have some more stew?
−Sure. Pass me your plate.
(シチューのお代わりをもう少しもらえる?
 −ええ。お皿をちょうだい)


このように、

some more + 不可算名詞

の型で使います。

日本語の語順と逆になる点に要注意です。

よって、本問の some more paper の部分はこれで構いません。


本問のような any は量が「あるか、ないか」をいう使い方。

疑問文や否定文で

any +不可算名詞

という型で使いますが、次のように

不可算名詞の内容が自明な場合は any だけで止めます。

Is there any beer in that bottle?
−No, there isn't any in it, but there is some in this bottle.
(その瓶にはビール入ってる?
 −いや、ここには入ってないけどこの瓶には入ってるよ)


また、このように、この any は日本語に訳さないのが自然です。

【和訳】

彼に言って紙をもう少しもらってきてくれるかな。机にきらしちゃって。


(追記)

「さらにもう〜」というときの more の使い方で、可算名詞の場合は
次の通りになります。

数詞(または many)+ more +可算名詞の複数形

以下の用例から

(two, three, four, five, ... , many)more + 可算名詞の複数形
さらにもう(2つの、3つの、4つの、5つの、…、多くの)〜


となっていく感じがつかめますか?

I have to do two more assignments.
(もう2つ宿題をしなくっちゃ)

After I've read three more books, I'll have reached my goal for the month.
(あと3冊で今月の読書目標を達成できる)

The athlete went on to win four more gold medals.
(その選手は続けて、さらに4つの金メダルを獲得した)

How long are you going to go on sleeping? Enough is enough!
−Just five more minutes, please. Five more minutes.
「いつまで寝てるの。いい加減にしなさい」
「あと5分。あと5分寝かせてよ」

There are many more people interested in art than ever before.
(美術に関心のある人が以前よりもずっと増えている)



posted by 石崎 陽一 at 00:07 | Comment(0) | 英文法・語法1日1題【上級編】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る