2011年09月06日

英文法・語法1日1題【上級編・動詞037】


次の文の誤りを正せ。
037. There is going the bus.



【解答】はこちらを右方向にドラッグ → (×)is going → (○)goes



【解説】

ふつう、目の前で起こっている事柄は現在進行形で表します。

The baby is crying for milk.
(その赤ちゃんはミルクが欲しくて泣いている)


しかし、現在形で目前の動作の解説をする場合があります。

相手の注意を引く here や there を文頭に出す場合がその1つです。


この場合、here や there には強勢がきて、主語と動詞の倒置が起きます。

Here comes A.

または

There goes A.

という型で使うのですね。

Hére comes the bus.
(ほら、バスが来るよ)

Thére goes the phone.
(ほら、電話が鳴ってるよ)


よって、本問では

There goes the bus.

と正すわけです。

なお、現に進行中の事柄に現在形が使われるのは例外的なケースで、

話し手の関心が「目前の事実の報告」にあるからだ

と説明されています。(『英文法小辞典』(北星堂書店、1991年、p.217))

【和訳】

ほら、バスが行っちゃうよ。


(追記1)

主語が代名詞の場合は主語と動詞の倒置は起こりません。

Up she goes.
(ほら、彼女が上がっていくよ)

Down he falls.
(ほら、彼が落ちていくよ)

Where are the keys?−Look, here they are.
(鍵はどこにあるのかな−見て、ほら、ここにあるよ)


(追記2)

現在形で目前の動作の解説をする場合には、相手の注意を引く here や there を文頭に出す場合の他に、手品師が身振りを交えて実演する場合や、スポーツ中継または料理番組などの実況解説の場合があります。

(追記3)

本記事の執筆にあたり以下の書物を参照しました。

『表現のためのロイヤル英文法』(旺文社、2006年、pp.55, 479)
『[要点明解]アルファ英文法』(研究社、2010年、p.407)


posted by 石崎 陽一 at 00:58 | Comment(0) | 英文法・語法1日1題【上級編】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る