2011年06月30日

特別活動を通じて生徒を育てる


P4244933.JPG


私は昨年度に引き続き、文化祭の教員サイドのチーフとして文化祭全体の企画・運営、そして渉外・委員会指導にあたっています。

以前にも記事(こちらこちら)にしましたように、前任の2校とは若干異なり、

自主の伝統の根づく本校での文化祭指導においては、生徒にある程度任せ、こちらは問題を提起する形であれこれとヒントを出し、裏から生徒を支えていく。

そういう立場で関わることを意識しています。

話し合える力、
皆で決めたことをその通り実行する力、
互いの気持ちをわかり合う力、
互いに注意しあえる力、
皆で協同して何かをやりとげる力、
何かをやった後でそれを「総括」する力、

といった集団の力や、経験を蓄積・継承・発展する力などといった

英語の授業だけでは十分に教えられないことも、特別活動の指導を通じて教えることができます。


現在ではこの文化祭を「電気に依存していたこれまでの生活を見つめ直す」きっかけにするというコンセプトを全校生徒で確認し、

現在は食堂・会場・装飾・広報・演劇・公演・バンドの各方面について

執行部の担当役員の生徒と毎日、密に連絡をとりながら具体的にスケジュールを消化しています。


P6095013.JPG


思い返せば、東日本大震災を受け、新体制となった文化祭執行部の生徒たちと今年度の文化祭の方向性について話し合いを始めたのが春休みでした。

新委員長に

「4月からはどのように進めますか」

と尋ねたところ

「従来通りに進めます」

との即答。

「んん、恐らく従来通りには進められないと思いますよ」

「え!? ああ…ああ、そうですよね」



そんなやりとりから始まった今年度の指導。


あれから早3ヶ月。


9月の実施に向け、着実に歩みを進めています(^-^)

いまは教科指導などと平行して、特に熱中症対策の具体化と避難誘導を含めた防災計画の策定に時間をかけています。

生徒たちは生徒たちで考えたものが上がってきていますが、学校としての部分はこちらで整備するより他ありません。

大規模な地震を想定し、管理職の先生も含めた全職員で、従来以上にリアルな対策をシミュレートしています。

やりがい十分な日々ですが、何と言っても文化祭は高校生活の思い出の中で修学旅行とならび1位、2位を争う行事ですからね。

生徒たちの思い出の1ページ作りに関わることのできる喜びを噛みしめつつ、

安全第一はもとより、この条件のもとで最大限に充実した文化祭にできるよう、来月もまた元気にやっていきたいと思います。

それでは、また。


(追記)

先月末、学校長から呼び止められ

「校長連絡会で情報交換をしたら、文化祭における節電の取り組みを春休みから進め、現時点でここまでその取り組みが具体化し、しかも生徒全体に浸透しているのは本校ただ1校だということが判明し鼻が高かったよ。他校はこれから検討に入るのでは苦労を察する。東京都教育庁から出された通達の内容は本校の方向性と全く同じ内容だな。これを、先見の明があるっていうのかな。さすが本校の生徒だな」

という話をいただきましたので、早速、文化祭執行部の生徒たちに伝えたところ、大いに喜んでいました^^


【特別活動の指導の最新記事】
posted by 石崎 陽一 at 20:21 | Comment(0) | 特別活動の指導 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る