2011年01月22日

“format”の第二強勢!?


PB034005s.jpg


2011年センター試験・英語(筆記)、第1問Aの問2。

選択肢に挙がっている“format”という語の第一強勢は〈o〉にかかっています。

しかし第二音節にある〈a〉の発音は曖昧母音や弱母音とはならず[æ]となります。これは強勢が来たときのこの母音字の読み方です。

したがって、最初私はこの〈a〉に第二強勢が来ていると思い込んでいました。

ところが、辞書を見ると第二強勢の印( ` )が付いていないのです。

参照した『ジーニアス英和辞典 第4版』(p.ix)には「第2強勢には ` をつけた」と書かれているにも関わらず、です。

この辞書に収録されている二音節語には複合語を除いて第二強勢の印はついていませんが、多音節語をみると、例えばafternoonのように、たしかに第二強勢の印がついているものもあります。

そこで、以下の疑問を抱いています。

.“format”という語の〈a〉という母音字は強勢が来たときの読み方([æ])をするが、はたして第二強勢があると言えるのか

それとも、

.“format”という語の〈a〉という母音字は非強勢だけれども曖昧母音や弱母音にならず、強勢を受けるときの母音字の音価を保持していると言うべきなのか?

だとすれば、

.どういうときにそのようなことが起こるのか?

手持ちの参考書からでは情報が得られず、もやもやしている石崎です。

上記の疑問につきまして、博雅の士のご教示をお待ち申し上げております。


(追記)

今回参照した文献は以下の通りです。

ピーター・ローチ著/島岡丘・三浦弘訳『英語音声学・音韻論』
(大修館書店、1996年)

川越いつえ『英語の音声を科学する』
(大修館書店、2007年)

小泉保『音声学入門』
(大学書林、1996年)

竹林滋・渡邊末耶子・清水あつ子・齋藤弘子『初級英語音声学』
(大修館書店、1991年)

牧野武彦『日本人のための英語音声学レッスン』
(大修館書店、2005年)


posted by 石崎 陽一 at 22:07 | Comment(0) | 今日思った疑問 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る