2010年12月20日

英語学習に興味を持たせる工夫


PC194381.JPG


関東支部の勉強会は「英語学習に興味を持たせる工夫」というのがテーマでしたが、私の場合はどうか。


ここでは離島勤務時代のことを思いつくまま極めて簡単に振り返ってみたいと思います。


当時、私は6種類の科目を受け持っていました。次はある年度の持ちクラスです。


1年…普通科・英語T(習熟度別3展開のAクラス)

2年…普通科・英語U(習熟度別3展開のCクラス)
2年…普通科・英語U演習(選択科目)
2年…併合科・英語U(習熟度別2展開のBクラス)

3年…普通科・リーディング(習熟度別3展開のBクラス)
3年…普通科・ライティング(習熟度別3展開のAクラス)


勤務していた高校には島に3つある中学校からほとんどの生徒が進学してきますので、中学校の教室のように多様な学力層の生徒が1つの教室にいると思っていただいて結構です。


ですから、習熟度別クラス編成をしないと焦点をあてにくい。
それで選択科目も含め、授業は毎回6種類準備していました。


PC194384.JPG


1年…普通科・英語T(習熟度別3展開のAクラス)

幼少期から島に唯一ある英語塾に通うなど英語の素地があり関心が高い。よって検定教科書で“almost all in English”の授業を試みました。例年になく英検2級を受検する生徒が続出。刺激を与えるには成功したか。ただし、教室における生徒の英語の発話量は十分だったと言えるか。


2年…普通科・英語U(習熟度別3展開のCクラス)
   
10名弱のクラスですが着席させ授業に集中させるまでに時間がかかります。雑談から入り授業へ。扱う英文は長期休業中の課題用の薄物等からカップラーメンの歴史やジャパニメーションなど彼らに身近な題材のものをピックアップ。作業系のハンドアウトをたくさん用意しました。時おり洋楽や洋画(特にディズニーアニメ)を活用。途中からは自分たちで素材を探させました。


2年…普通科・英語U演習(選択科目)

文法の演習授業です。選択科目だけあって習熟度でいうとAクラスの生徒が中心なので数研出版の『デュアルスコープ』を土台に説明し準拠問題集で確認していきました。


2年…併合科・英語U(習熟度別2展開のBクラス)

併合科とは農林・家政科のことです。5名ほどのクラスですが授業に集中させるまでに時間がかかります。4月最初の授業で教室に颯爽と入って行ったらセメダインの臭い。男の子が休み時間はとうに終わっているのにハーレーダビッドソンのプラモデルを夢中で作り込んでいる。女の子は着席して談笑。他方で中古車情報誌に読みふける者。ニンテンドーDSに興じる者。机に突っ伏している者。

むろん生活指導から入りましたが、車名やゲームの英語、料理・裁縫に使う動詞の整理など彼らの生活や興味に直結したトピックを教材に仕立ててアルファベットの復習、簡単なセンテンス・ビルディングから始めたのを覚えています。島民に向けた公開講座では郷土料理や郷土芸能、物産などを観光客に英語で紹介する想定の講座をAETとともに企画して実施しましたが、この講座へ生徒にも参加してもらったらみんな生き生きしてたな(^-^)


3年…普通科・リーディング(習熟度別3展開のBクラス)

習熟度別クラス編成(3展開)をするとどうしても真ん中が膨らみますね。英語の力や興味でいってもAクラス寄りからCクラス寄りまで様々でしたが、タスク消化型の授業で音読や同時通訳等を交えつつ結構鍛えたと思います。


3年…普通科・ライティング(習熟度別3展開のAクラス)

英語への関心が高く大学入試を意識している生徒もいるということで、文法の復習と検定教科書に出てくる英文の暗唱・暗写を徹底的にさせ、入試問題を投げ込みで扱い刺激しました。郷土の紹介を英文で書かせ、最後に文集を作りました。


PC154366.JPG


生徒は習熟度的に低いほど、それに合わせながら彼らの力を引き上げる授業を工夫する必要があります。


教え込むよりも生徒にわかってもらう授業をし、学習の動機をもてるように生徒を誘うことが大切ではないでしょうか。


「英語学習に興味を持たせる工夫」ということで、今から思うと、生徒が自ら学びたくなるような素材の選択、提示や仕掛けにずいぶん心を砕いてたように思います。


一筋縄でいかなかったから、特に併合科の連中には鍛えられたな。


(追記)

授業が6種類、習熟度別クラス編成ゆえ定期考査も毎回6本、あの頃は年間で30本の試験問題を作ってました。こちらも相当鍛えられました。


posted by 石崎 陽一 at 23:18 | Comment(0) | 思い出話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る