2010年09月13日

なぜthirdが「3分の1」か?


DSCN0493s.jpg


分数の読み方として私たちは

分子は基数詞、分母は序数詞で読み、
分子が2以上の場合には分母に複数の-sをつける

と学習(指導)します。

例えば、

1/3=a third or one third
2/3=two-thirds

のようにです。

しかし、

なぜ分母を序数詞で読むのか?

つまり、上の例で言うと

なぜthirdが「3分の1」という意味になるのか?

という問いに答えてくれる文献を私は寡聞にして知りません。

う〜ん、気になります^^ ;

この件につきまして、博雅の士のご教示をお待ち申し上げております。


(追記1)

分数の読み方に関する如上の説明は『ロイヤル英文法 改訂新版』(旺文社、2000年、306ページ)から引用しました。

(追記2)

数字が大きい場合は分子を読み、over または upon を入れ、分母を基数詞でそのまま読みます。

62/421 = sixty-two over [upon] four hundred (and) twenty-one

これは分子が分母に乗っかっている見た目のイメージに由来するのでしょう。

分母の読みが序数詞ではないのもそうした理由によるのではないでしょうか。


posted by 石崎 陽一 at 22:10 | Comment(0) | 今日思った疑問 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る