2010年08月07日

Xam(イグザム)(ジェイシー教育研究所)


標記のソフトを愛用しています。

Xam(イグザム)とは「毎年行われる全国の大学入試問題を分析しデータベース化したCD-ROM」で

「過去11年分の問題情報を一括検索」できるソフトです(ジェイシー教育研究所HPより)。

私はデータベース作りやテキスト作りに重宝しています。

過日も夏期講習会用のテキストを作成するために活用しました。

今回は「動物の知性」に関する英文を受講生に読ませたかったので

問題文を対象に“intelligence animal”とフレーズ検索し
ヒットした入試問題一覧の中から吟味して

2009年東京都市大学(旧武蔵工業大学)・工学部の英文を採用したのでした。


dbfile005.JPG


このXam(イグザム)は非常に便利なツールなのですが玉に瑕。

残念ながら解答例に誤りが散見されます。

今回扱った東京都市大学の問題では以下のような誤りがみられました。

今後のためにあえて特記しておきたいと思います。(以下の和訳はすべて拙訳です。)



この文章は

When it comes to intelligence, human beings are the top dogs of the animal kingdom. Or so we tell ourselves.
知性に関しては動物界では人間の右に出るものはいない。というかそう私たち人間は考えている。

と始まり、次のように続きます。

But in recent years, scientists have been documenting surprising intelligence and emotional depth in animals ranging from humble honeybees to thundering elephants.
しかしここ数年科学者は小柄な蜜蜂から巨大な象に至る動物たちに潜む驚くべき知性と感情面の奥深さとを実証してきている。

そして続くセンテンスの最後に下線が施され和訳が求められています。

前文で述べた「動物たちに潜む驚くべき知性と感情面の奥深さ」を具体化した箇所です。

Through studies in labs and in the wild, researchers have found animals communicating complex ideas, solving problems, using tools and expressing their feelings−behaviors once thought to be uniquely human.

ダッシュの手前まで意味をとると

Through studies in labs and in the wild, researchers have found animals communicating complex ideas, solving problems, using tools and expressing their feelings
研究室および野外での研究から、動物は込み入った意見を伝えあって問題を解決し、いくつかの手段を用いて気持ちを伝えあっていると研究者は現在では考えている

となります。

これにダッシュで続けて

behaviors once thought to be uniquely human

というわけです。ここを訳出するのですが

ダッシュには「まとめるとこうなる」「ひとことで言えばこうなる」という
使い方がありますから、直近の

communicating complex ideas, solving problems, using tools and expressing their feelings
込み入った意見を伝えあって問題を解決し、いくつかの手段を用いて気持ちを伝えあう

という箇所をひとくくりにまとめるような日本語にすればよろしいということで

behaviors once thought to be uniquely human
かつては人間に特有と考えられていた行動

とでもするところです。

ところが、Xam(イグザム)の解答例では独立分詞構文ととらえたのでしょうか、

「行動はかつて人間に特有なものと考えられていた。」

となっています。


dbfile001.JPG


当然こうした不備がこの有用なソフトの存在意義を損なうものではありませんが、

優れたソフトであり信頼を寄せているだけに惜しまれます。

しばらくの間は使用の際このようなことを心に留めておくことが必要かもしれません。

(追記)

ダッシュの説明に際しては『英語の句読法辞典』(インターワーク出版、2003年、117ページ)を参考にしました。


posted by 石崎 陽一 at 11:21 | Comment(0) | 愛用のPCソフト類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ページトップへ戻る