2010年08月10日

チームキムタツのこと


TK.jpg


チームキムタツとは
日本の教育を良くしたいという思いのもとにメンバーが集まっているグループ
であり、
学校・地域の垣根を超えて授業力や教員の人間力を育成する集団
です。

灘中学校・高等学校(兵庫県神戸市)の木村達哉先生が主宰されています。

第1回英語教師塾から数ヶ月が経った2008年6月2日に12名で発足し、

それ以来、ふだんはメーリングリストのなかで英語の質問(wouldとused toの違いなど)や教育上の問題(習熟度別クラス編成や保護者の対応など)などについて議論しています。

現在では北海道から沖縄まで、800名ほどの教員が加入している大組織となりました。教員志望の大学生も増えてきました。

これまでに九州支部、四国支部、関西支部、関東支部などが発足し各地で勉強会を実施しています。

メンバー同士の相互交流も活発化し、県内、また県をまたいでの授業見学などが積極的に行われています。

ともすれば隣の学校の先生とも一生お会いすることなく終わるかも
しれないのに学校を超え地域を越えこうした交流をもてる。

このような輪を作っていただいた木村達哉先生に改めて感謝しなければなりません。

私はこのチームの一員として毎日他のメンバーの方々から知識と智恵と刺激と元気をいただき、目の前の生徒達に向き合っています。


posted by 石崎 陽一 at 00:00 | Comment(0) | チームキムタツ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る